趣味を極めればプロになれる|専門学校で知識と経験をつむ

就職に有利な資格

ファンデ

ヘアメイクアーティストやスタイリストを目指す方は、専門学校で知識や技術力を高める方法か、現場で働きながら経験をつむ方法があります。どちらの方法でも好きな方を選べますが、短期間で集中して知識をつみたい方は、メイク専門学校に通うことをおすすめします。メイク専門学校は1年制と2年制の構成になっている学校が多く、最近では夜間部やキャリア学科など多種多様な構成になっています。また、大学や高校の卒業資格もとれるシステムになっているので、今まで以上に様々な人が通うことができます。

メイク専門学校では、就職の際に役立つ資格を取得することができます。美容業界で活躍したいなら、センスが重要になってきますが色彩検定やフォーマルスペシャリスト検定を取得しておけば、あらゆる職業に進む際に有利になってきます。色彩検定は、どんなジャンルの職業でも役立ちます。メイクだけでなく、ファッションやヘアーアレンジとのコーディネートにも役立ち、インテリアや作品構成にも役立ちます。また、フォーマルスペシャリスト検定を取得しておけば、ウェディング業界へ進んだ時にも役立ちます。一般知識やTPOに合わせた装いの知識があれば、様々な場面で知識を活用できます。資格取得は、年に2回程カリキュラムに含まれています。しっかりと授業に参加して学べば、さほど難しさを感じることなく資格を取得できます。また、メイク専門学校側もしっかりと対策の授業を行なってくれますし、様々なフォロー体制を行なっています。